江戸川地区の厨房機器・厨房用品の買い取りは「厨房屋ドットコム」へ

江戸川の厨房機器・厨房用品を買い取ります!

江戸川の厨房機器・厨房用品を買い取ります!

「厨房屋」の江戸川営業本部の管轄は、江戸川区・江東区・墨田区・葛飾区・台東区でございます。買取を江戸川でお考えなら当センターまで!

我が社発祥地であります江戸川区は、ショップ2店舗を構え、地域No1を目指しております。 「江戸川営業本部」は、店舗・テナントの移転・改装で不用となった什器・厨房用機器等を、見積無料で出張買取致します。

江戸川区の地名は、区の東側を南北に流れる江戸川にちなみ、はじめ区名としては「松江区」が検討されていましたが、松江の名前があまり知られていなかったことと、反対する町村が出たことから、区の東端を流れる江戸川に因み「江戸川区」と命名されました。

コマツナは江戸川区が発祥の地として知られ、現在の江戸川区小松川で将軍の吉宗が鷹狩りの際、見たことのない菜入りの汁を食し、「小松菜」と命名したことに由来。現在では「小松菜アイス」、「小松菜そば」等、小松菜を使った郷土料理が区内の至る所で売られています。

また、朝顔の栽培が盛んで、毎年7月に台東区入谷で開催される朝顔市に出荷される朝顔の6割~7割は江戸川区産の朝顔です。

江戸川営業本部は、スピード対応・安全対応がモットーです。
高額買取・即日対応可能なショップをお探しの方は江戸川営業本部までお電話ください!

江東区厨房買取センター

江東区で厨房用品売却をお考えの方は当センターまで!

江東区は、隅田川と荒川に挟まれた位置にあり、東京湾に面し、「江東」の区名は、隅田川の東に位置するという地理的な意味から、辰巳区、東区、永代区などの候補の中から選ばれました。

区内には東京都から副都心に指定されている臨海副都心と錦糸町・亀戸副都心があり、二つの副都心を包括し、このこともあり、区内には観光客や会社員も多くやって来るのです。

臨海副都心は品川区・港区にも跨っていますが、実際には江東区が大部分を占めており、近年急速に開発が進められた新興開発地域であり、街の景観は非常に近代的です。

錦糸町・亀戸副都心のほうは、昔からあった大繁華街で、古くから下町として栄え、区の臨海方面にあるかつてのゴミ埋立地である夢の島一帯は大規模な公園があり、市街開発にあたって並木や草木が大量に植えられ、東京23区内とは思えないほどの緑の多い地域となっています。

臨海副都心方面はオフィス街が連なっており、緑地地域は少ないのですが、南砂や大島、深川等の下町や住宅街には緑地地域が整備されマンション内や商店街にいくつかの公園が点在し、イチョウや柳などの樹木も多く植えられています。

墨田区厨房買取センター

墨田区で厨房機器買取をお考えの方は当センターまで!

相撲のメッカ両国・赤穂浪士で有名な本所松坂町・新東京タワー完成も近い墨田区は益々の発展地です。

墨田区は「おいてけ堀」など「本所七不思議」は、昔の墨田区が舞台です。 アサヒビール・東武鉄道・京成電鉄・ライオン・アメリカンホーム保険会社などの本社が区内にあり、忠臣蔵 - 吉良上野介の屋敷がありました。 原色の街・鬼平犯科帳・下町の太陽などが区内を舞台として作製されました。

昭和22年に本所区と向島区が合併し現在の墨田区が誕生しました。 この区名は、隅田川の堤の通称「墨堤」から墨を、隅田川から田を取ったものでした。

昭和38年までは、町の復興及び発展とともに人口が増加していったものの、その後は頭打ちとなり減少し始め、また、町工場も郊外や海外への移転などにともない減少していくこととなりました。

葛飾区厨房買取センター

葛飾区で厨房用品買取をお考えの方は当センターまで!

『葛飾』の地名は非常に古く、奈良時代に作成された戸籍帳の中ですでに確認されています。

区内には、山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズで知られる柴又帝釈天や、江戸期の菖蒲文化を伝える堀切菖蒲園、秋本治の漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で有名になった亀有があります。

近年は、松戸や船橋・三郷の都市開発によって、「隣接する葛飾区の土地や家賃が安い」と言う理由で移り住む住人も多く、東京都民のベッドタウン的な要素も持っています。 葛飾の名称は現在の葛飾区の地域固有のものではなく、葛飾とはもともと下総国葛飾郡一帯の広大な地の総称でありました。

「葛飾」とは、中央付近を概ね現在の千葉県市川市付近とし、北を埼玉県北葛飾郡、西を東京都葛飾区や墨田区・江東区の東部、東を茨城県古河市、南を江戸川区や浦安市付近とする一帯で、古くは万葉集などにもその地名が登場しています。

また、JR総武線「本八幡駅」の語源にもなっている神社「葛飾八幡宮」など、葛飾の名を冠したものは、実は現在の葛飾区よりも、「本来の葛飾」の中央付近だった千葉県北西部に多いのです。

台東区厨房買取センター

台東区で厨房買取をお考えなら当センターまで!

台東区の東側は隅田川、南側は神田川に接し、江戸時代を通じて、東京で最も古い市街地のひとつであり、浅草寺は建立1400年です。

江戸時代は元禄文化が息づき、明治期からは美術館や博物館が建築され、東京芸術大学などアートの発信地ともなっています。

関東大震災や第二次大戦にも焼け残った浅草橋界隈の問屋街などにはいまだ大正、昭和初期の街並みや風情が残っています。 区の中心駅である上野駅は古くから北関東・東北地方からの玄関口と知られ、新幹線も停車します。

面積は23区の中で最も狭いですが、全般的に商業地であるため、純粋な住宅地は一部で、供給量も少ないのです。 近年では古都保存財団が選定する「美しい日本の歴史的風土100選」において次世代に残す美しい日本の歴史的風土が、良好に保存されている全国の事例の一つとして寛永寺・上野公園周辺、谷中の街並みが選ばれました。

現在、ル・コルビュジェの国立西洋美術館などを世界遺産登録などを目指していて、東京国立博物館表慶館や東京国立博物館など国の重要文化財が多い区です。

サイトメニュー

江戸川厨房本部のサービス

江戸川厨房本部は、直営の販売ショップを営業しておりますので、買取商品の幅が広く、サービスも行き届きます。 買取・フレッシュアップ・販売納品までの一連の流れをどこよりも確立しています。何なりと係員にご相談ください。

買取可能商品

厨房機器の買取可能な目安は、原則として製造から5年以内の製品となりますが、「厨房屋」若干の幅を持っています。 機械ものですのでそれ以上に古い商品や中古食器・汚れた店舗家具・特注で作ったものなども併せて買取対象外となりますが、ご相談くださいませ。 買取出来ないものは廃棄処分品としての対応も可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。

関東地区厨房買取エリア

厨房買取特別強化地区
歌舞伎町・赤坂・銀座・六本木
池袋・錦糸町

新宿営業所
新宿区・中野区・杉並区・世田谷区
渋谷区・目黒区
神田営業所
千代田区・港区・中央区・品川区
大田区・文京区
足立営業所
足立区・荒川区・北区・板橋区
練馬区・豊島区
江戸川営業所
江戸川区・江東区・墨田区・葛飾区
台東区

東京都下営業所
町田市・八王子市・武蔵野市
神奈川県本部
横浜市・川崎市・相模原市
千葉県本部
船橋市・市川市・浦安市
埼玉県本部
さいたま市・川口市・草加市
茨城県県本部
水戸市・取手市・つくば市
栃木群馬本部
前橋市・桐生市・宇都宮市